台北北門RC23周年記念式典参加


5月7日(金)~5月9日(日)の2泊3日で、台北北門RC23周年記念式典に参加してきました。

桃園国際空港では、北門RC会長 李吉祥様・国際奉仕委員長 洪宗文様はじめ北門RCメンバーの出迎えを受けました。


当クラブからの参加メンバーは、池亀直前会長、小川国際奉仕委員長、藤原会員、丸山会員木村会員、松岡 そして丸山会員の奥様

と小川委員長のお弟子さん、計8名でした。

 

  

到着日(7日)の18時から、式典が国賓にて盛大に催されました。

会場のど真ん中に「茅ヶ崎中央RC」の円卓が用意され、前半の式典はほとんど言葉のわからないまま、厳かに終了

しました。

 

  

後半の祝宴では、一転して会場全体は大はしゃぎになり乾杯の嵐と名刺交換、ダンスで盛り上がりました。

途中、丸山夫妻がステージに呼ばれ、「新婚さんいらっしゃい」みたいな企画にお二人とも照れておられました。

同じ東洋人なのに、台湾の人たちはラテン系、わが同胞はゲルマン系か?と疑うほど、彼らの陽気さに驚きました。

21時ごろ散会となりました。


  

8日午前中は、北投温泉資料館で日本統治下での温泉の様子を見学し、午後は台北故宮博物院で名宝の数々を堪能しました。

18時よりサヨナラパーティーが海覇王で催され、北門のメンバー、琵琶湖八幡のメンバー、茅ヶ崎中央のメンバーで懇親を深める

ことが出来ました。

 

  

終了後、副会長 廖健興様(ケビンさん)が士林夜市を案内して戴き、台湾の夜を満喫しました。