25年4月27-28日 「湘南祭で大槌のホタテを販売」

 茅ケ崎中央RCでは、東日本大震災発生直後から、被災地の支援を続けてきました。特に大槌町との関係の中では中学校の吹奏楽部に、国際ロータリー2780地区と合同で楽器を贈ったり、吹奏楽部を茅ケ崎のスプリングコンサートにお招きしてきましたが、今年は、茅ケ崎中央RCだけでなく、茅ケ崎RC、茅ケ崎湘南RCと市内のすべてのクラブで、大小槌湾ほたて養殖組合に、巻き上げ機、ホタテカッター贈呈しました。

 さらなる支援の一環として、大槌のホタテを知っていただくために、4月27日28日に茅ケ崎海水浴場(サザンビーチ)で開催されました湘南祭で、ホタテの販売を行いました。斉藤組合長・越田副組合長とそのお嬢さんそして大槌出身の川端さんが、たくさんのホタテを持ってきてくれました。

 会場の大勢の来場者の方々に、大槌の方と市内三クラブのメンバーで焼いたホタテを食べていただき、大変喜んでもらいました。大槌のホタテの名前がブランドになるように今後も様々な形でPRしていきたいと思います。

  湘南祭終了後には、目録ではありましたが巻き上げ機とホタテカッターの贈呈式を市内レストランで、服部市長にも参加いただき行いました。

   

 

5月10日 タウンニュース茅ケ崎版、に掲載されました

   

湘南祭で大槌のホタテを販売した。 目録にて、巻き上げ機とホタテカッターの贈呈式