なかまの家に、贈答

 


 3月8日金曜日例会開催前に、堀川会長・出山会長エレクト・田中副幹事・當間幹事で今宿にある地域活動センター・特定非営利活動法人なかまの家に会員から集めたネクタイや贈答用のタオルを持って伺いました。

茅ケ崎中央ロータリークラブでは4年前の社会奉仕事業で、なかまの家に、ミシンを贈呈いたしました。以降、毎年続けてきました。

 なかまの家は障害者が、ともに暮らし、共に生きて行け、明るい住み心地のよい地域を作りたいと願って仲間づくりを進めています。その活動の拠点として南湖と鶴嶺(今宿)になかまの家があります。そこでは通所利用者が、手芸作品を制作しながら社会参加を行っています。



 私たちが贈ったネクタイは、バッグとして再生されたり、その他にも、後援者の方々から頂いたあまり布を加工し、アームーバンドや、さらに工夫したハーフアームバンドも最近作成しています。


 ただ、なかなかその作品を常設で展示したり、販売する場所の確保が難しいようです、市民ギャラリーでの販売会を開催するもののなかなかPRがうまく伝わらず場所ができても、来場者を確保するのが難しいようです。

最近では市内のスーパーのご協力で、年に数度販売会場を貸していただき作品を市民の方々に購入していただいているそうです。

 

 


頂いたあまり布を加工し制作した ハーフアームバンド

                   

いろいろな作品が作成されています。支援者から

     

   お問い合わせ先

地域活動支援センター

    なかまの家 鶴嶺

 

 茅ケ崎市今宿774-2   
86-0553